サロンやクリニックでの脱毛の施術後は、肌がとてもデリケートになっているため、日常生活の中で気をつけなければならないことがいくつかあります。
きちんと守らないと肌トラブルや脱毛効果の低下の原因になってしまうので、脱毛を始める前に必ずチェックしておきましょう。

脱毛はアフターケアも大切!脱毛後に気をつけるべきこと

脱毛当日の入浴はNG

脱毛後の当日の入浴はNGです。
脱毛後の肌は火照っており、肌の中に熱がこもっています。
入浴をして体を温めると皮膚温が上がり、なかなか炎症が治らなくなってしまうので、脱毛後の当日のお風呂は控えましょう。
できれば2~3日はぬるめのシャワーか濡れタオルで体を拭き取るのがおすです。

サウナ・岩盤浴・マッサージもNG

サウナや岩盤浴、マッサージなどは血行が良くなり体温が上昇してしまいます。
脱毛後の肌の赤みや痒みの原因になってしまうので、脱毛後の当日は控えましょう。

脱毛後の運動はNG

運動をすると体が温まるため、脱毛後の肌の炎症が悪化してしまいます。
脱毛後の当日は運動を控えましょう。

脱毛後の飲酒はNG

アルコールを飲むと血行が良くなり、脱毛後の肌の痒みや赤みのトラブルのもとになります。
また、アルコールを飲むことにより、肌の炎症が治りにくくなってしまいます。
また、施術前の飲酒もトラブルのもとなので、施術の前後12時間の飲酒はNGです。

サロンやクリニックから出されたクリームや軟膏は必ず塗る

脱毛サロンやクリニックで専用のクリームや軟膏などを出されたら、必ずそれを塗りましょう。
脱毛後の肌荒れを早く治す薬だったり、刺激のない保湿クリームだったりします。
市販のものよりも効果や安全性が高いので、必ず指示どおり使うようにしましょう。

必ず保湿ケアをする

脱毛後の肌は乾燥してカピカピしています。通常の保湿ケアだけではなかなか潤わないので、ボディローションとクリームの両方を塗ってしっかりと保湿をしましょう。
また、施術前の肌も乾燥肌だと火傷になりやすいため、あまりにも乾燥しているとその日の施術を断られることがあります。
段から保湿ケアをしっかりと行いましょう。

必ず日焼け止めを塗る

脱毛後の当日はもちろん、脱毛期間中は毎日欠かさず日焼けを塗りましょう。
脱毛後の敏感な肌に紫外線を浴びると、赤みや痒みが悪化しひどくなってしまいます。
また、ほとんどのサロンでは日焼けNGです。
日焼けした黒い肌に光を照射すると、火傷になるか低出力での施術になってしまいます。
低出力だと脱毛効果が下がり、その分通う回数を増やさないといけなくなってしまうので、日頃から紫外線にはくれぐれも注意しましょう。