ワキの肌が黒ずんだり、鳥肌のようなブツブツになっていませんか?
夏のワキ毛処理は、今や女性としての最低限のマナーですが、それよりももっと大切だと言われているのが、ツルツル・色白・毛穴レスの「美ワキ」になることです。
男性は、最低限のムダ毛処理だけでは満足していません。
肌が綺麗かどうかを見ています。
ワキの黒ずみ・ブツブツなどは即アウトです。
では、早速憧れの美ワキになる方法を見ていきましょう。

ワキの黒ずみ・毛穴のブツブツを改善してツルツルなワキへ

ワキの黒ずみの原因はカミソリでの自己処理

ワキの黒ずみの主な原因は、カミソリでの自己処理による、炎症性色素沈着です。
色素沈着には、紫外線によるものと、カブレなどの肌の炎症によるものと、ホルモンバランスの乱れによる内因性のものの3種類がありますが、ワキの場合は普段紫外線を浴びることがなく、内因性のシミができるような箇所でもないため、炎症性の色素沈着と考えられます。
もともと肌が柔らかくデリケートなワキですが、自己処理の際にカミソリで剃る回数が増えると、肌の防御装置が働きメラニン色素が増えてしまうのです。
ワキの黒ずみを改善するには、まずはその原因であるカミソリでの自己処理をやめることが必要です。

美白化粧品が効果的

カミソリでの自己処理をやめた上で、美白パックや美白クリームなどの化粧品でケアをすると効果的です。
美白化粧品には、黒色メラニンを還元し肌色を明るくする効果があります。毎朝晩しっかりとケアすることで改善が早くなります。
しかし、すぐに効果があらわれるものではないので地道なケアが大切です。

汗をこまめに拭き取る

ワキの肌はデリケートな上、汗がたまりやすい箇所です。
脇が出る汗には塩分やアンモニアなどが含まれ、それか肌への刺激になりかぶれやすくなります。
脇に汗をかいたら、放っておかずこまめに拭き取るようにしましょう。

毛穴のブツブツは毛抜きやワックス脱毛が原因

毛穴が鶏肉の皮のようにブツブツしているなら、それは毛抜きやブラジリアンワックスなどの「毛を毛根から抜く自己処理のやりすぎ」が原因である可能性が高いです。
毛を毛根から抜くと、毛穴の奥では出血または内出血をし、雑菌が繁殖して炎症を起こすことがあります。
炎症が悪化すると、毛嚢炎という赤いニキビのようなブツブツができてしまいます。
また、毛穴の中で新しい毛が縮れると、毛穴が盛り上がって鳥肌のようになってしまいます。
予防するには、毛抜きやワックス脱毛をやめることが大切です。

永久脱毛で黒ずみやブツブツを解消

脱毛サロンや脱毛クリニックで永久脱毛をすると、自己処理の必要がなくなるため、黒ずみやブツブツが徐々に改善されてきます。
また、光やレーザーなどの脱毛マシン自体に美肌効果があるので、憧れの美ワキを目指すなら永久脱毛がおすすめです。
ワキだけの脱毛なら、激安なキャンペーンを行っているサロンやクリニックもあるので是非探してみてくださいね。