脱毛したいけど、痛みに弱いから不安でできない・・・なんて方いませんか?
そんな方に朗報です。長年「脱毛は痛い」と言われ続けてきましたが、ここ最近は、最新マシンの登場により「痛くない脱毛」ができるようになってきました。
では、早速詳しく見ていきましょう。

痛いのが苦手な方必見!痛くない脱毛マシンはどれ?

従来マシンの痛みとは?

従来の脱毛マシンといってもまだ全国にあるほとんどの脱毛マシンがそうですが、照射時に輪ゴムでバチッと弾くような痛みがありました。
腕や足などはまだしも、ワキやVIOラインなどのデリケートな部分はとても痛く、特にVIOラインに関しては「痛すぎて途中で通うのをやめてしまった」という人も少なくありません。
一般的に脱毛サロンよりもクリニックマシンの方が、エネルギーが強い分痛みも強いですが、比較的痛みが弱いとされる脱毛サロンであってもVIOラインだけは悲鳴を上げる人も多いです。

従来マシンはなぜ痛かったか?

従来マシンは、レーザーまたは光により、高熱を与えて毛根を焼くという方法でした。医療レーザーでは約200°C、光脱毛では約70°Cという高熱を照射するため、火傷による痛みが大きかったのです。
メラニン色素に反応するので、メラニン色素がたくさん含まれているワキやVIOラインの毛は特に痛く、またこれらの箇所は肌がデリケートで黒ずんでいることも多いため、肌のメラニン色素にも反応してしまい、とにかく痛みが強かったのです。

最新マシンは毛根を焼かないから痛くない!

これまでの脱毛は、とにかく「痛い」というクレームが多かったため、何とかして痛くない脱毛マシンを開発しようとしてきました。
これまでの脱毛では、毛根を焼く以外に毛の再発を止める方法はないと思われてきましたが、ここに来て、毛根を焼かなくても同じように毛の再発を止められることができる脱毛理論が登場してきたのです。

医療レーザー脱毛ならメディオスターNeXT

クリニックで痛くないレーザー脱毛を受けるには、「メディオスターNeXT」というマシンを扱っているクリニックがおすすめです。毛根を焼かず、バルジ領域という発毛の司令塔部分に弱い熱を与えるだけの脱毛法です。
毛根や毛乳頭、毛母細胞は生きたままでも、発毛の司令塔から「毛を生やせ」という指令が出ないため、毛が生えてこなくなるのです。
従来マシンのような高熱の照射ではないので、火傷も痛みもありません。肌が黒ずんだ部分でも関係なく照射できるので、平均4回4ヶ月で完了できます。

脱毛サロンならストラッシュのSHR脱毛

メディオスターNeXTとほぼ同じ理論のエステサロン向けマシンです。
医療レーザーよりも出力が弱い分効果は低くなりますが、それでも6回6ヶ月で完了できるという速さです。
これは、完了までに2~3年かかっていた従来マシンとは比べものにならないほど早いです。
しかも、クリニックでも半年~1年半かかっていたので、この脱毛マシンがいかに革命的かがわかると思います。
クリニックのメディオスターNeXTよりも少しだけ長期間になりますが、サロンの方が料金が安いという魅力があります。

ディオーネのハイパースキン脱毛

こちらも、毛根を焼かない脱毛マシンです。
従来式マシンが成長期の毛に効果があるのに対し、こちらは休止期の毛に効果があります。
約38°Cというほんのり温かい光を照射するため、痛みが全くありません。他のサロンが2~3ヶ月に1回しか通えないとこほ、こちらは毛周期が関係ないので月1回通うことができます。
よって、従来マシンのサロンの約半分(1年~1年半)くらいで完了できます。