最近の女性は、肉食女子などという言葉が生まれるほど男性化(=オス化)している女性が増えていますよね。
元気で活発な女性はとても魅力的ですが、その一方で、あまりオス化が進み過ぎると、全身のムダ毛が濃くなってしまう可能性があるので要注意です。
では、なぜ女性のオス化はムダ毛が濃くなるのでしょうか?ムダ毛を薄くする方法と合わせて解説していきたいと思います。

ムダ毛を薄くしたい人必見!剛毛の原因は女性のオス化

なぜ女性がオス化するの?

今は女性も男性と対等にバリバリ働く時代。
大きなストレスに打ち勝つためには、女性でも男性のような逞しさが必要です。
そこでストレスの多い環境でも生きていけるよう、女性の体は自動的に男性ホルモンを増やすようになりました。
男性ホルモンを増やすことにより、大きなストレスにも負けないようになったのです。

男性ホルモンが増えるとヒゲが生える

男性ホルモンが増えると、外見にも男性らしさがあらわれてきます。
最も特徴的なのは、あごやフェイスライン、鼻の下などにヒゲが生えることです。
ヒゲは男性の象徴ですが、男性ホルモンが増えると、女性でも固くて太いヒゲが生えてきます。
また、男性ホルモンが増えると皮脂分泌が活発になり、ニキビができやすくなります。
あごやフェイスラインにニキビが繰り返しできてしまう人は、オス化している可能性大です。

ムダ毛が増え頭はハゲる

男性ホルモンが増えると、ヒゲが生えるだけでなく、全身のムダ毛が濃くなります。
そして悲しいことに、なぜか髪の毛だけは薄くなってしまいます。
多くの男性が中年以降に頭がハゲたり、髪は薄いのに腕や足だけが毛深いのは、全て男性ホルモンの影響なのです。

男性ホルモンはどうしたら減る?

男性ホルモンが増える原因は大きなストレスです。ならば、ストレスを減らすしかないのでしょうか?
リラックスする時間を取ったり、規則正しい生活をするのはもちろん大切ですが、オス化するほど多忙な女性には、なかなかそれは難しいかもしれませんね。
そんな方には、女性ホルモンを増やしてくれる食品を食べるのがおすすめです。
男性ホルモンと女性ホルモンは相互関係にあり、男性ホルモンが増えると女性ホルモンが減り、逆に女性ホルモンが増えると男性ホルモンが減ります。
これの関係を利用し、女性ホルモンを増やす食品を積極的に食べることにより、男性ホルモンの働きを弱め、ムダ毛を薄くするのです。

女性ホルモンを増やす食品

女性ホルモンを増やしてくれる代表的な食品は大豆や大豆製品です。
大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用をしムダを薄くしてくれます。大豆イソフラボンは、大豆・豆乳・豆腐・納豆・みそなど、全ての大豆製品に豊富に含まれています。
枝豆や黒豆などの豆類にも多く含まれています。
豆腐一丁、または納豆2パック、または豆乳1杯半で一日の必要量を摂ることができます。

ムダ毛を増やしてしまう食品

ジャンクフードやインスタント食品、菓子類などをよく食べていると、ホルモンバランスが乱れ女性ホルモンが低下してしまいます。
忙しくて時間に追われている時や、ストレスが溜まっている時などについ手が出てしまいがちな食品たちですが、ムダ毛が濃くなるだけでなく肌がボロボロになったり、体調を崩す原因になってしまうので、できるだけ控えるよう気をつけましょう。