一昔前は、脱毛期間中の日焼けは絶対にNGでしたが、最近ではいくら日焼けしてもOKのサロンやクリニックが増えつつあります。
従来の脱毛マシンは長年の間、サロンもクリニックも「黒い色素に反応する」ことを利用した脱毛法でしたが、最新のマシンは脱毛理論が根本的に異なるため、日焼けを無視できるようになったのです。
全国的にはまだまだ少ないですが、 いざという時でも安心な日焼けOKの脱毛サロンやクリニックをご紹介しています。

日焼け肌でも脱毛できるサロンとクリニックはどこ?

従来の脱毛機器が日焼けNGの理由

従来の脱毛マシンは、サロンもクリニックも、毛の「黒い色素」を利用した脱毛法です。
肌に照射した熱エネルギーを、毛の黒い色素を利用し毛幹から毛根へと送り届け、毛根を焼くという仕組みです。
これにより、毛根の先にある毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛の再発を弱らせるのです。しかし従来の脱毛マシンは、毛に限らず「黒い色素」には何でも反応してしまうというデメリットもあります。
例えば、レーザーが目に直接当たると瞳が焼けて失明してしまうため、施術時には必ずアイマスクを装着されます。
肌の場合も、日焼けをした黒い肌は、光やレーザーに反応し火傷を負ってしまいます。
そのため、従来マシンでは絶対に日焼けはNGでした。

断られない場合も出力を下げられるなどという問題がある

従来マシンのサロンやクリニックでも、少しくらいの日焼けなら施術をしてくれる所もあります。
しかしその場合、火傷をしないように出力を下げて照射されます。出力を下げることにより、火傷のリスクを減らすのです。
出力を下げると、当然ながら脱毛効果は低くなり、その分多く通うことが必要になります。
もちろん追加料金も発生し、予定よりもお金がかかって損をしてしまうので、日焼けNGのサロンやクリニックてまは絶対に日焼けをしないよう気をつけましょう。

なぜ従来マシンのままのサロンやクリニックが多いの?

日焼けOKの脱毛マシンは最新なので、サロンでもクリニックでもまだ導入している所が少ないです。
この脱毛マシンは日焼けの他にも毛周期を無視できたり、白髪や金髪、産毛もOKなどという多くのメリットがあるで、これから少しずつ増えることが予想されます。
脱毛マシンは一台数百万~一千万円以上もするかなり高額のものなので、いいことは分かっていても気軽に導入できるわけではないのです。

日焼けOKのサロンとクリニック

日焼けOKのサロンやクリニックでは、今まで脱毛を断られていた地黒の人でも施術してもらうことができます。
日焼けOKのサロンは「ストラッシュ」と「ディオーネ」。
ストラッシュは「SHR脱毛」、ディオーネは「ハイパースキン脱毛」になります。
また、クリニックは「メディオスターNeXT」というマシンで、「KM新宿クリニック」「アリシアクリニック」「湘南美容外科クリニック」などに導入されています。
日焼けが気になる人は、これらのサロンやクリニックだと安心して通えます。