豆乳ローションにはムダ毛を薄くする効果があります。しかし、使い方にはちょっとしたコツがあり、使い方を間違えるとあまり効果がない場合もあります。
よく口コミなどで、効果を感じる人と感じない人が半々くらいなのはそのせいかもしれません。
もし、使い方が間違ってたらもったいにいですよね?
そんな方のために、豆乳ローションの正しい塗り方と、ムダ毛が薄くなる理由などを解説していきたいと思います。

ムダ毛が減る?!豆乳ローションとは

豆乳ローションには抑毛効果がある

豆乳ローションには、毛が生えてくるのを抑制する「抑毛効果」があります。
豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た作用があることで知られていますが、その中の一つにムダ毛を薄くする効果があるのです。
※髪の毛だけは、逆に薄毛予防の効果があります。
大豆イソフラボンの抑毛効果は、口から摂っても肌に塗っても効果がります。

大豆イソフラボンが毛母細胞の働きを弱める

豆乳ローションを肌に塗ると、抑毛成分である「大豆イソフラボン」が毛穴から毛根へと浸透し、毛母細胞の働きを弱めます。
毛母細胞とは、「毛を生み出すお母さん細胞」のことです。毛母細胞は、男性ホルモンが多い人ほど活発に働くため、男性ホルモンが多い人ほどムダ毛が濃くなります。
もともと男性には女性の約10倍多くの男性ホルモンが分泌されているため、女性よりも男性の方が毛深いのです。
また、女性の中でも比較的男性ホルモンが多い人は毛深くなります。

ワキの黒ずみが薄くなる

長年ワキ毛を剃り続けていると、肌が黒ずんできますよね。
豆乳ローションは、そんな方にもおすすめです。
豆乳ローションには美白効果があり、毎日朝晩塗り続けていると、少しず黒ずみが薄くなってくる人が多いです。
VIOラインの黒ずみは、粘膜部分がかぶれやすいです。
もしVIOラインに塗るなら、必ずパッチテストを行ってから塗るようにしましょう。

豆乳ローションはムダ毛を剃るか除毛してから塗るのが鉄則

豆乳ローションは正しく塗ることが大切です。塗り方を間違えると効果が出ない可能性があります。
豆乳ローションは、ムダ毛が生えたままの肌に塗ってもあまり効果がありません。
塗る前にまずムダ毛を剃るか除毛クリームで除毛してから塗りましょう。
そうしないと、豆乳ローションが毛穴から毛根へ浸透しづらいからです。
毛穴から毛根へとしっかり浸透させ、毛母細胞に届けることが重要です。

石鹸で洗ってから塗らないと効果がでにくい

また、肌に油分がついていると、せっかく塗った豆乳ローションが浸透しにくくなってしまいます。
塗る前には必ず石鹸で洗い流し、皮脂や汚れを落としてから塗りましょう。
大切なのは、「豆乳ローションに含まれる抑毛成分を、毛根までしっかり浸透させること」です。
これを意識して毎朝晩塗り続ければ、今まで効果がなかった人も効果を実感できるはずです。