生理中のVIO脱毛はどこのサロンもNGですが、他の箇所は生理中でも脱毛OKのサロンとNGのサロンがあります。
一般的に脱毛サロンは3ヶ月に1回くらいのペースで通うため、前もって3ヶ月先の予約をしていても、たまたまその日に生理が来てしまうことってありますよね。
そんな時は、一体どうすればよいのでしょうか?
生理中でもOKの脱毛サロンなら安心ですが、その一方でNGのサロンがあるということは、何かやらない方がよい理由でもあるのでは・・・という不安もありますよね。
では、そのような疑問を1つずつ解消していきましょう。
また、生理中でもVIO以外の脱毛はOKのサロンも合わせてご紹介していきます。

生理中のVIO脱毛はNG!生理中でもほかの部位なら脱毛してくれるサロンはどこ?

生理中のVIO脱毛はどこのサロンもNG

生理中のVIO脱毛は、どこのサロンもNGです。
なぜかと言うと、もし施術時に経血が漏れてしまった場合、ただ単に不衛生というよりも、血液から病気が感染するリスクがあるからです。
そのようなリスクはサロンでは負いきれないため、あらかじめ生理中のVIO脱毛は全てのサロンでNGとなっています。
もし、予約していた日の当日に急に生理になってしまったら、予約日を変更してもらいましょう。

生理中の脱毛は、効果が出にくい可能性も

生理中でも、VIO以外の箇所なら施術を受け付けてくれるサロンもありますが、VIO以外でも受付けてもらえないサロンもあります。
なぜかというと、生理中はホルモンバランスが崩れるため、せっかく施術をしても通常のような脱毛効果を得られない可能性が高いからです。
施術自体は決して不可能ではないにしても、効果が低くなってしまうのでは元も子もないですよね。
しかし、全く効果がないわけでもないので、生理中の脱毛はOKのサロンとNGのサロンが分かれるのです。
もしOKのサロンでも、そのことをよく理解した上で受けた方がよいでしょう。

生理中は肌トラブルが起こりやすい

生理中はホルモンバランスが変わるため、肌が敏感になっています。通常は施術時でも全然痛くないという人でも、生理中だけは痛くなる人もいます。
また、その場の痛みだけではなく抵抗力も落ちているため、施術後の肌荒れや乾燥などの肌トラブルもお越しやすくなります。
生理中の施術には、このような肌トラブルのリスクが伴うため、あらかじめ生理中の脱毛はNGのサロンがあるのです。
OKのサロンでも、このようなリスクを理解したうえでの自己判断の施術になります。

生理中でも脱毛OKのサロン

とはいえ、もし予約当日に生理がきてしまったら、予約を変更しようとしてもだいぶ先になってしまう可能性もありますよね。
そんな場合はたとえ通常よりは効果が低かったとしても、とりあえず1回の施術をこなしたいということもあるでしょう。
生理中でもVIO以外なら脱毛OKのサロンは、ミュゼ・銀座カラー・エピレ・ジェイエステティック・TBCなどです。
RINRINはVIOとお尻と顔以外ならOKとなっています。

生理中の脱毛がNGのサロン

生理中はNGのサロンは、OKのサロンよりも決してサービスの手を抜いているわけではありません。
生理中は効果が出にくいことや肌トラブルが起きやすいため、トラブルを未然に防ぐ慎重な考え方のサロンという意味では逆に信頼てきるのかもしれません。
生理中は全ての箇所の脱毛がNGのサロンは、キレイモ・シースリー・エターナルラビリンス(エタラビ)・レイビス・ビーエスコート・脱毛ラボなどです。
また、脱毛ラボは生理後1週間は脱毛NGとなっています。