カミソリでのムダ毛処理は手軽な反面、気をつけないと乾燥・肌荒れ・カミソリ負け・色素沈着などの肌トラブルを起こしてしまいます。
また、このような肌トラブルを繰り返していると、将来シミやシワになってしまうので要注意です。
カミソリでの剃毛は、ただでさえ肌に負担がかかるものなので、細心の注意を行いましょう。
この記事では、カミソリで肌トラブルを起こさないための、絶対にやってはいけないことをご紹介していきます。

絶対ダメ!カミソリのムダ毛処理でやってはいけないこと

洗わずに剃るのはNG

肌には汗や皮脂や雑菌などの汚れが付着しています。
そのため、剃る部分を洗わずに剃毛すると汚れや雑菌が肌へ入りこみ、カミソリ負けや肌荒れの原因になってしまいます。
剃毛をする前は、必ず石鹸やボディソープで洗って清潔にしてから行うようにしましょう。

何もつけずにいきなり剃るのはNG

何もつけずに剃毛するのは危険です。肌への負担が大きく、カミソリ負けや肌荒れをしてしまいます。
いくら急いでいたり、手元にシェービングフォームがなかったとしても、これだけは絶対にやめましょう。

ボディーソプで剃るのはNG

シェービングフォームを使わず、体を洗うついでにボディソープの上から剃るのはNGです。
カミソリの刃はただでさえ肌に負担をかけるのに、ボディソープでふやけた肌にカミソリの刃をあてると、大量の角質がめくれてしまいます。
すると、バリア機能が低下し肌荒れや色素沈着の原因に。
意外とやっている人も多いかもしれませんが、ボディソープをつけたまま剃毛するのは危険なので絶対にやめましょう。

逆さ剃りはNG

毛の流れに逆らって剃ると、深く剃りすぎて肌に負担がかかってしまうので危険です。
例えばスネの場合は、下から上へ剃るのが逆さ剃りになります。
逆さ剃りの方がよりツルツルになるように感じますが、肌への負担が大きすぎるの絶対にやめましょう。
剃毛する際は、毛の流れをよく見て、毛の流れに沿って行うように気をつけましょう。

力を入れて剃るのはNG

力を入れて剃ると、角質がたくさん剥がれてしまい、肌トラブルを起こしやすくなります。
カミソリでの剃毛は、力を入れず、そ~っと撫でるように剃るのが基本です。
もし、力を入れないと剃れないようなら、カミソリの刃が古いのかもしれません。
新しい刃に替えてからもう一度剃ってみましょう。

ずっと同じ刃を使うのはNG

カミソリの刃は、1~2週間に1回替えるのが一般的です。
定期的に刃を替えないと、雑菌が溜まって肌トラブルを起こしたり、切れ味が悪くなってどうしたも力を入れて剃りがちになります。
肌荒れや色素沈着を防ぐためにも、カミソリの刃を定期的に取り替えるようにしましょう。

カミソリをお風呂場に置きっ放しにするのはNG

お風呂で剃毛をする人はついやってしまいそうですが、カミソリをお風呂場に置きっ放しにするのはNGです。
お風呂場のような湿気の多い場所では、カミソリに雑菌が繁殖しやすいです。
雑菌だらけのカミソリで剃毛をすると、肌トラブルを起こしてしまいます。
使用後のカミソリはきれいに洗い、湿気の少ない場所に保管するようにしましょう。

剃毛して保湿しないのはNG

剃毛後は角質が薄くなり、肌のバリア機能が低下しています。
早く回復させるためには保湿することが大切です。
保湿をしないと乾燥や肌荒れにもなりやすいので、剃毛後は必ずローションやクリームを塗って保湿するようにしましょう。