脱毛石鹸とは、体を洗うだけて脱毛効果があるという、通販などで取り扱われている石鹸です。
「脱毛」という名が付いていますが、毛根の熱処理などをするわけではないので、もちろん永久脱毛の効果はありません。
でも、毎日全身を洗っているだけでムダ毛処理もできるのなら、とっても楽でいいですよね。
では、脱毛石鹸でムダ毛処理ができてしまう理由を詳しく見ていきましょう。

洗うだけで全身脱毛ができる?脱毛石鹸とは

除毛効果と抑毛効果

脱毛石鹸は「脱毛」という文字がついているため、もしかすると「永久脱毛?」と思う人がいるかもしれませんが、それはちがいます。
永久脱毛のように毛根を熱処理するわけではないので、石鹸。
使っている間は毛が薄くなったり生えてこなかったりしますが、毛根が生きているので使用をやめればまた生えてきます。
脱毛石鹸は、正確に言うと「除毛石鹸」や「抑毛石鹸」になります。

除毛とは?

除毛とは、ムダ毛を処理したい箇所に除毛クリームなどの産毛を溶かす作用のある薬剤を塗ることにより、肌表面よりも外側のムダ毛を処理する方法です。
カミソリで剃るのが物理的な方法であるのに対し、除毛クリームは化学的に溶かすといった感じです。
カミソリはとても肌に負担がかかるため、除毛の方がお肌にやさしい点でおすすめです。
しかし、お肌に合わないものを使用してしまうと、赤くなったりヒリヒリするなどの肌トラブルを起こしてしまうので、もし合わな場合はすぐに使用を中止しましょう。

抑毛とは?

抑毛とはムダ毛が生えてくるのを抑制することです。
代表的なのは豆乳ローションです。
使用しているとだんだんムダ毛が薄くなってきますが、永久脱毛ではないので、使用をやめるとまた毛が生えてきます。
石鹸やローションなどの自宅用の化粧品では、ワキやデリケートゾーンなどの濃い毛に対しては効果が低く、それ以外の全身の産毛には効果を実感できる人が多いようです。

自己処理の中では安全性が高い

除毛や抑毛は、カミソリによる剃毛や毛ぬき、ブラジリアンワックス脱毛などに比べると、肌への負担が少なく安全性が高いムダ毛の自己処理方法です。
カミソリでの自己処理は最も肌が乾燥しやすく、長年続けていると色素沈着を起こす可能性があります。
また、毛ぬきやブラジリアンワックスなどで毛根から毛を抜く処理法は、埋没毛や毛嚢炎のトラブルになりやすいです。
埋没毛や毛嚢炎は、一度なってしまうと厄介です。
脱毛石鹸は、使用してみて赤みやかゆみなどがなければ、お肌にやさしくムダ毛処理が楽にできるのでおすすめです。