日本人のワキガの人の割合は、20人に1人と言われています。
強く臭う人から少しだけ臭う人まで、臭いの強さに個人差があります。
少しだけ臭う程度の隠れワキガなら、ワキ脱毛で解消きる可能性があります。
それでは、なぜワキ脱毛でワキガを改善できるのか、詳しく見ていきましょう。

ワキ脱毛でワキガが治る?少しだけ臭う「隠れワキガ」程度なら臭わなくなる可能性大

ワキガと汗腺

人間の体には、汗腺という汗を出すための腺が全身に分布しています。
よく、汗は毛穴から出ると勘違いしている人がいますが、汗腺は非常に小さく肉眼では見えないためこのように間違われやすいです。
汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。
全身に分布しているのはエクリン汗腺で、夏の暑い日や運動後、入浴後などにサラサラの汗をかくのが特徴です。
99%が水分なので、臭うことはほぼありません。

ワキガの原因は『アポクリン汗腺』

一方、アポクリン汗腺から出る汗は、白っぽい色をした粘度の高い汗です。
この汗にはアンモニアや脂肪などが含まれており、そこに雑菌が繁殖することにより強い臭いを発するようになります。
アポクリン汗腺が存在するのは、ワキ・陰部・耳・乳輪など、全身の中でも限られた部分のみで、その他の部分には存在しません。
アポクリン汗腺が存在する部分は、汗をかいたままにしていると悪臭を発することが多いので、こまめに汗を拭き取るなどして清潔に保つことが大切です。

ワキ脱毛でワキガが解消する理由

アポクリン汗腺は毛穴にくっついて存在しているため、脱毛をすると必然的にアポクリン汗腺にもダメージを与えることになります。
全てとは言い切れませんが、ある程度のアポクリン汗腺を破壊することができるため、結果的にワキガの臭いを抑えられるというわけです。
また、雑菌は毛量が少ないほど繁殖しにくいので、脱毛をしてムダ毛を無くしたり減らしたりするだけでも、かなり臭いを軽減させることがます。

少し臭う程度のワキガならワキ脱毛で解消できる

臭いが強い場合は、病院でワキガの手術をしないと改善されませんが、少し臭う程度の隠れワキガなら、ワキ脱毛で解消される可能性があります。
わざわざ高いお金を払ってワキガの手術をするよりも、脱毛のついでに解消することができるのなら、そんないいことはないですよね。
ワキ脱毛は今や女性としてのエチケット。まずはワキ脱毛をやってみて、もしそれで解消しなければ手術を考えてみてもよいかもしれません。