ムダ毛処理で最も多くの人がやっているのが、カミソリで剃る自己処理方法です。
毛抜きで抜くような痛みもなく、サッと剃ればツルツル肌になれるという手軽さと、ほとんどお金がかからずおサイフにもやさしいのが人気の理由。
しかし便利な反面、一歩間違うと取り返しのつかない肌トラブルになってしまうことも。
後々になって後悔しないためにも、カミソリによる肌へのリスクをしっかりと認識した上で行うようにしましょう。

カミソリで剃る自己処理方法のメリットとデメリット

カミソリによるムダ毛処理のメリット

カミソリで剃るムダ毛処理方法、ムダ毛の自己処理方法の中で最も手軽な方法です。
毛根から引き抜くわけではないので痛みもなく、シェービングフォームを塗った上からサッと剃るだけなので、それほど時間もかかりません。
背中や首の後ろ側などは自分ではやりづらいですが、最近では柄の長いカミソリなど便利なグッズも登場しています。
また、顔の産毛を剃ると肌がツルツルになり、化粧のりがよくなるというメリットもあります。

おサイフにやさしい

カミソリでの自己処理をするために必要なものは、カミソリ・シェービングフォーム・剃毛後に塗る保湿クリームくらいです。
カミソリの値段は、数千円する高いのものから100円で2~3本入っている使い捨ての安いものまでピンキリです。
値段が高いものの方が剃りやすかったり、肌への負担が少ないなどのメリットがあります。
ただ、安いものでもちゃんと剃ることはできます。使い捨てのカミソリを繰り返し使うのは、肌トラブルのもとなのでやめましょう。
また、シェービングフォームは必須です。
ボディソープで体を洗うついでに剃っていると、肌荒れや色素沈着になりやすいので、必ずシェービングフォームを使うようにしましょう。
シェービングフォームは、数百円~千円台で買えます。また、剃毛後の保湿も重要です。
剃毛後に何も塗らないと、肌が乾燥して粉を吹いたり、肌トラブルが起きやすくなります。
保湿クリームも数百円~千円台で買えるので、将来のお肌にシミをつくらないためにもきちんとした手順で剃毛しましょう。

乾燥・肌荒れ・カミソリ負けのリスク

カミソリの刃は、目には見えないレベルでお肌にとても負担がかかります。
毛を剃る時に、一緒に角質を剥がしてしまうからです。角質が剥がれた肌は、潤いを保つことができないため乾燥したしまいます。
また、肌のバリア機能が低下し、肌荒れやカミソリ負けをしやすくなります。
力を入れたり、毛の流れに逆らって剃ったり、深剃りなどをしてしまうと、角質がたくさん剥がれて肌トラブルになってしまうので気をつけましょう。

色素沈着になる可能性もあり

カミソリの刃は肌に負担がかかるため、あまり頻繁に剃っていると、肌の防御反応によりメラニン色素が増えてしまいます。
もともと肌が弱い人や、長年剃り続けている人は、将来色素沈着になってしまう可能性も。
ワキなどの皮膚が薄い部分は、特に黒ずみになりやすい場所なので要注意です。
もし、もう黒ずみになってしまっているのなら、たとえ美白化粧品でケアしたとしても、剃毛をやめない限りは改善しないので、今すぐやめた方がよいでしょう。
それでも剃る必須があるのなら、カミソリよりもお肌にやさしい電気シェーバーの方がおすすめです。