妊娠中は何かと禁忌事項が多くなりますが、妊娠中の脱毛ってどうなのでしょうか?
もし脱毛期間中に妊娠が発覚しても、胎児や母体には影響ないのでしょうか。
これから妊娠する可能性のある女性なら、誰もが気になることですよね。
では、早速答えを見ていきましょう。

妊娠中って脱毛できる?もし脱毛期間中に妊娠してしまっても大丈夫?

妊娠中の脱毛はどこのサロンやクリニックもNG

妊娠中の脱毛は、どこの脱毛サロンもNGです。
なぜなら、もし万が一の事があった場合、サロンやクリニックでは責任が取れないからです。
しかし実を言うと、脱毛で使用するレーザーや光は、皮膚のごく浅い部分までしか届かないため、お腹の中の胎児には何も影響ありません。
また、脱毛の施術により、血液中の成分が変わったり、ホルモンバランスが変わったりすることもなく、母体にも特に影響はありません。

なぜ妊娠中の脱毛はNGなの?

妊婦中の脱毛は、どこのサロンやクリニックでも受け付けてくれない理由は、第一に「万が一のリスク」を避けるためです。
もし妊婦さんが脱毛期間中に流産してしまった場合、脱毛などの非日常的な行為は真っ先に疑われる対象になります。
そういったトラブルを未然に防ぐために、どこのサロンやクリニックでも妊婦中は受け付けてくれないのです。
また、妊婦中は急に体調が悪くなる事も多く、施術中に異変が起こる可能性も高いため、妊娠中の脱毛はNGとなっています。

妊娠中は肌トラブルが起きやすい

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるため、肌トラブルが起きやすくなります。
毛根に強い熱を照射する脱毛の施術では、妊娠していない人でも肌荒れを起こしたり乾燥したりすることがありますが、妊娠中の荒れやすい肌に200℃近くのレーザーや60~70℃の光を照射すると、どうしても軽い火傷を起こしやすくなります。
普段は平気なことでも、妊娠中は何かとトラブルになってしまうことが多いのです。

妊娠中は一時的に毛が増える

妊婦さんが脱毛NGの理由はもう一つあります。
それは、妊娠中は一時的にムダ毛が増えることです。妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるため、普段よりも毛周期が長くなります。
例えば普段なら5ヶ月で抜け落ちる毛が、10ヶ月もそのまま居座ったりします。
妊娠中は、成長が終わって抜け落ちていくはずの毛がいつまでたっても抜け落ちず、普段よりも毛量が増えてしまうのです。
このように、どんどん増毛していく妊娠中は、たとえ脱毛をしたとしても、脱毛効果を実感しにくいです。
出産後はまた通常の毛周期に戻り、毛量も元どおりになるので、脱毛の再開は出産後からということになります。

出産後はいつから脱毛を再開できる?

サロンやクリニックにもよりまちまちですが、一般的なサロンでは、脱毛の再開は出産してから約1年後くらいです。
赤ちゃんを母乳で育てる場合、ホルモンバランスがまだ通常には戻らないため、出産後もしばらく多毛の状態が続きます。
一方、赤ちゃんをミルクで育てる場合はホルモンバランスが早く通常に戻るため、母乳で育てる人よりも早く脱毛を再開できます。
クリニックなら、出産後の約3ヶ月後から脱毛を開始できる所が多いですが、出産後に生理が来たらOKとか、生理が2回来たらOKなど、サロンやクリニックによって本当にまちまちなので、今後妊娠の可能性がある人は脱毛を始める前に必ず聞いて確認しておきましょう。