近年人気急上昇のVIO脱毛。ワキ脱毛に次ぐ高い人気を誇り、もはやワキ同様に「女性のエチケット」として常識になりつつあります。
VIOラインとはアンダーヘアの総称で、細かく分けるとVがビキニライン、I が股の間、Oがお尻の穴の周りになります。
VIO脱毛が人気の理由は、水着を着る時の安心感だけではありません。
男性目線や老後のため、陰部の蒸れや臭いの解消など、今まであまり知られていなかった数々のメリットが明らかになってきたからです。
では、VIOラインのメリットと、ほんの少しのデメリットを一緒に見ていきましょう。

VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛をすると生理中が快適に過ごせる

VIO脱毛をすると、生理中の蒸れが軽減し、快適に過ごせるようになります。
生理中はどうしても毛に経血が付着し、雑菌が繁殖して生理中の蒸れや悪臭の原因になります。
一方、VIO脱毛後は雑菌の温床となる毛がなくなるため、陰部の蒸れや悪臭が軽減します。
よって、脱毛前と比べ、快適に生理期間を過ごせるようになります。

自己処理による肌トラブルがなくなる

アンダーヘアは、もともと皮膚が弱いため、自己処理をするのが難しい箇所です。
カミソリで剃るとカミソリ負けをしやすく、頻繁に繰り返していると色素沈着してしまうこともあります。
また、毛の成長が早いため、せっかく剃っても翌日にはジョリジョリに。
また、毛抜きやブラジリアンワックスで毛を抜く場合は、一週間ほどきれいにキープできますが、埋没毛や毛嚢炎のトラブルになりやすいです。
VIO脱毛後は、こういった面倒な自己処理や肌トラブルから、永久に解放されることができます。

自分では気づかない悪臭が軽減する

自分では気づかない悪臭も、実はいい関係になった男性には気づかれています。
陰毛には意外と尿の拭き残しが多く、それが悪臭の原因になっているのです。
VIOラインが無毛の場合、かなりしっかりと拭き取らないと、ツーっと垂れてきてしまうことがあります。
陰毛が、尿の拭き残しをスポンジのように吸収してくれているのです。
これはありがたい存在ではありますが、裏を返せばそれが原因で悪臭が発生するということになります。
VIO脱毛には、このような陰部の悪臭を解消する効果もあるのです。

男性目線はどうなの?

最近の男性の意見では、彼女にはVIO脱毛をして欲しいという人が約6割もいるそうです。
どちらでもいいという人が3割程度で、絶対にして欲しくないという人は約1割と少数派になっています。
理由は、第一に臭い、第二にチクチクするのが不快感とのこと。
最近ではVIO脱毛をする女性が増えてきたため、男性の認知度も増えてきました。
そして、そのほとんどの男性が、VIO脱毛済みの女性の方がよいと言います。
好きになればそんなことは関係ないのでしょうが、内心「毛がない方がいいのに」なんて思われていたとしたら、ちょっと悲しいですよね。

VIO脱毛は老後のためにも役立つ

VIO脱毛をすると、「もしかしたら、将来介護をしてもらう時に見られたら、恥ずかしいのでは?」と思うかもしれませんが、介護士さんに言わせるとむしろ逆だそうです。
なぜなら、陰部から悪臭がしないからです。
毛が少ない人ほど悪臭がしないことから、介護士さんにとっては毛がない方がありがたいそうです。
VIO脱毛をすると、老後恥ずかしいどころか老後に好かれやすいというメリットがあります。

VIO脱毛のデメリットといえば・・・

VIO脱毛に、これと言ったデメリットはほぼありません。
強いて言えば、尿を拭き残すとツーっと垂れてきてしまうため、しっかり拭き取るよう気をつけなければならないことと、一度脱毛してしまうと、また毛を生やしたくなっても二度と生えてこないことです。
VIO脱毛のデメリットといえば、この程度のことくらいしかありません。