脱毛効果が高いことで知られる「医療レーザー脱毛」ですが、取り扱い機器はクリニックによりさまざまです。
最も多くのクリニックが採用しているのが「アレキサンドライト・レーザー」。症例数と実績が多いという点で、最も信頼できるレーザーとも言えます。
では、アレキサンドライト・レーザーについて詳しく見ていきましょう。

アレキサンドライト・レーザーとは?日本最多の信頼できる医療レーザー脱毛マシン

アレキサンドライト・レーザーとは

まず最初に、レーザーとは「光を増幅して放射するレーザー装置」のことです。
レーザー光はさまざまな分野で使用されていますが、医療分野では波長の長さにによって特定の物質や色素に作用する特性を応用し、歯科・皮膚科・眼科などの幅広い治療に用いられています。
アレキサンドライト・レーザーは、その医療分野のレーザー装置の一種です。アレキサンドライトという宝石を用いて755nmの波長のレーザー光線を出し、「黒い色素」に反応させます。
1997年に日本に導入されて以来、肌のシミ取りや刺青除去や脱毛などの治療に用いられてきた、とてもポピュラーなレーザー機器です。

アレキサンドライト・レーザーの脱毛理論

アレキサンドライト・レーザーの「黒い色素に反応する」という特徴を利用した脱毛法で、「毛根の先端にある”毛母細胞”や”毛乳頭”を焼くことにより、その機能を破壊し、毛の再発能力を失わせる」という脱毛理論です。
まず、ムダ毛を剃った肌にレーザーを照射します。
すると、毛の断面から「毛の黒い色素」を伝って毛根まで熱を届けられるのです。
その熱により毛根の先にある毛母細胞や毛乳頭を破壊し、毛の再生を防ぐことができるのです。

多くのクリニックが採用している理由

医療脱毛レーザー機器は、2000年頃までは、アレキサンドライト・レーザーの他にも「ルビーレーザー」「ヤグレーザー」「IPL」などが開発されましたが、脱毛効果、スピード、安全性などの面において、アレキサンドライト・レーザーが最も信頼のあるレーザー機として日本中に浸透していきました。
よって、医療脱毛の症例数が最も多く、よく目にする「医療脱毛は完了が早い」「完全無毛を目指すならレーザー脱毛がいい」などの口コミは、アレキサンドライト・レーザーで脱毛した人が多いです。
また、アレキサンドライト・レーザーは、肌の色やコントラストが日本人に合っているということで、長年使用され続けてきた安全なレーザー脱毛です。

日焼けはNG

アレキサンドライト・レーザーは、日焼けした肌への照射ができません。
理由は、日焼けした「黒い肌」に照射すると、毛だけでなく肌にも強く反応し、火傷を負ってしまうからです。
より効率よく効果を上げたいなら、脱毛期間中には日焼けしないように気をつけましょう。
また同じ理由で、色素沈着の強い部分やホクロには照射できません。
また地黒の人は施術を受けられないか、または弱いレーザーで照射するため回数が増えることになります。

脱毛完了までの目安は1年~1年半

一般的には、毛周期に合わせて1ヶ月半~2ヶ月サイクルで施術をします。
毛量や毛質により個人差はありますが、脱毛完了までに必要な回数は6〜10回で、1年~1年半くらいで完了するケースが多いです。
ワキやVIOラインなどの毛が濃い箇所ほど、1回ごとの効果が目に見えてわかります。
また、最初の数回でどんどん毛が減っていくため、数回の照射後にはかなり自己処理が楽になってきます。

安全性が高い

脱毛サロンのエステ脱毛よりも効果の高い医療脱毛ですが、その理由は「強いエネルギーでの照射」です。
照射後は軽い炎症により肌が乾燥することがあるため、クリームや軟膏タイプの塗り薬を出されることがあります。
通常、それほど懸念するレベルでもありませんが、万が一何かトラブルが起こった時にも、そのクリニックが迅速に対応してくれるので安心して任せることができます。