ハイパースキン脱毛とは、従来の光脱毛とは全く脱毛理論の異なるエステ脱毛です。
従来の光脱毛とちがい、光照射時の痛みが全くなく、VIOラインなどの痛い箇所でもギリギリまで施術できることで人気です。
また、日焼けOK、産毛・金髪・白髪もOK、アトピーやニキビ肌もOKという革命的なエステ脱毛になります。
そんなハイパースキン脱毛について、詳しく見ていきましょう。

VIOラインでもギリギリまで完全無痛!ハイパースキン脱毛とは

ハイパースキン脱毛の脱毛理論とは

従来の光脱毛理論は、毛根を高熱処理することにより毛の再生能力を失わせるという方法でしたが、ハイパースキン脱毛は根本的にちがいます。
ハイパースキン脱毛は、高熱処理ではなく、毛穴の奥にある「毛の種」の発生を抑えるという理論です。
「毛の種」に効果的なタイミングは「休止期」の毛であり、それを38℃という低温で処理するだけなので、火傷による肌トラブルや、熱さ、痛みなどが一切ありません。

3歳の子でも脱毛できるほど、痛みが全くない

ハイパースキン脱毛は、「全く痛みがない!」と言い切っているほど完全無痛です。
そのため子どもの脱毛も可能で、一番小さい子ではなんと3歳の子でも脱毛できるといいます。
そのくらい安全で痛みがないということでしょう。
また、体の中で一番痛みが強いVIO脱毛もほぼ無痛なので、他のサロンではやってもらえない皮膚と粘膜のギリギリのきわどい部分まで、しっかりと照射してもらえます。
あまりの痛さで過去に他サロンで挫折してしまった人も、もしリベンジするならハイパースキン脱毛はおすすめです。

なぜ痛みがないか?

従来の光脱毛は、60℃~70℃という高熱を照射するため、輪ゴムでパチンと弾かれるような痛みがありました。
軽い火傷と同じなので、特にVIOラインや顔などの皮膚がデリケートな箇所ではかなりの痛みがあり、途中で通うのをやめてしまう人もちらほらいたといいます。
一方、ハイパースキン脱毛は、体温とほぼ同じ38℃という低い温度の光を照射するだけなので、痛みも肌ダメージも全くありません。

ニキビ・アトピーなどの肌が弱い人もOK

従来の光脱毛では、高熱処理をするためどうしても肌ダメージを避けられませんでしたが、ハイパースキン脱毛は低温のため肌ダメージが全くなく、他の脱毛サロンでは断られていたようなアトピー肌やニキビ肌の人でも脱毛することができます。

日焼け・地黒・ホクロもOK

ハイパースキン脱毛は、従来の光脱毛では禁止されていた日焼け後の肌や、地黒の人や、ホクロもへの照射もOKです。
従来の光脱毛とちがい、「黒い色素」と「脱毛効果」には関係がありません。
そのため、これまで常識とされてきた禁止事項がほとんど解禁されています。

産毛・金髪・白髪もOK

上述のように、ハイパースキン脱毛は従来の光脱毛とちがい、「脱毛と黒い色素には関係がない」ため、これまでの光脱毛では苦手とされてきた色素の薄い産毛や軟毛、金髪、白髪にもしっかりと効果があります。
「毛の種」を無くすのに、色素は関係がないということですね。
他サロンで、産毛や軟毛に効果がなかった人も、産毛に強いハイパースキン脱毛なら安心です。

フォト美顔による美肌効果

ハイパースキン脱毛には、「フォト美顔」の光が3割も含まれており、脱毛しながらコラーゲンを増やし、ハリツヤ美肌を手に入れることができます。
また、他の脱毛マシンで苦手とされる「産毛脱毛」にも効果が高いことからも、顔脱毛がとても人気の箇所となっています。

従来の光脱毛よりもスピーディー

従来の光脱毛では、毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回しか通えず、脱毛完了までには平均で約3年間かかっていましたが、ハイパースキン脱毛は月1回通うえるので、完了までのスピード2倍早くなります。
もちろん個人差があるので、誰もが確実に1年間で完了するなどとは言えませんが、自分比でより早く完了できるということです。
ムダ毛から早く解放されるのは嬉しいですね。