SHR脱毛とは、従来のIPL脱毛やSSC方式とは脱毛理論が異なる、最新理論のエステ脱毛です。
まだ導入サロンは都心のごく一部ですが、「安い・早い・痛くない」と自信を持って公言していることもあり、人気が殺到しているようです。
では、そんな最新式のSHR脱毛を詳しく見ていきましょう。

SHR脱毛とは?安い・早い・痛くない最新理論のエステ脱毛

SHR脱毛の脱毛理論とは

従来のIPL脱毛やSSC方式のエステ脱毛の脱毛理論は、ワンショットの照射で強い熱を毛根に与え、毛の再発能力を低下させるという脱毛法でした。
一方、SHR脱毛の脱毛理論は、「毛包」という毛根や毛乳頭、毛母細胞を包んでいる組織に丸ごと光を照射します。
ワンショットで強いエネルギーを与えるのではなく、複数回に分けて毛包全体の温度を上げていくため、毛穴や肌へのダメージがほとんどありません。

痛みがないと話題に

前述のとおり、SHR脱毛では一度で強い熱を与えないため、痛みがほぼありません。
従来のIPL脱毛などでは、毛根に目がけて約60℃~70℃という高熱を一度で照射していたため、輪ゴムで弾かれるようなパチンッとした痛みがあり、VIOラインなどの痛みを感じやすい箇所ではかなり痛いことも多いのが現状でした。
一方、SHR脱毛では一度ではなく複数回に分けて毛包の温度高めていくため、温かいなと感じる程度で痛いという感覚はほぼありません。
痛みに弱い人や、今までに途中で脱毛を断念してしまった人にもおすすめの脱毛です。

産毛・金髪・白髪にも効果あり

従来の光脱毛のように、メラニン色素の黒い色とは関係ないため、産毛や金髪、白髪などにも効果的です。
従来のマシンでは、毛の黒い色に反応させて毛根に熱を伝える脱毛法だったため、黒くて濃い毛には効果がありましたが、産毛のような軟毛にはあまり効果がありませんでした。
また、金髪や白髪などには黒色い色素が含まれていないため、そのような毛に照射しても意味がありませんでした。
しかし、SHR脱毛なら、毛の黒い色素とは無関係に効果を得られるので、産毛や金髪や白髪もしっかりと脱毛できるのです。

日焼けもOK

SHR脱毛では、従来の光脱毛では厳禁だった日焼けもOKです。
これも、SHR脱毛が他の光脱毛の脱毛理論と異なるからです。メラニン色素の黒い色素とは無関係のため、日焼けを無視して照射してもヤケドを負う危険性がありません。
よって、夏の脱毛期間中でも、海やプールへ行って日焼けをすることができます。

毛周期を無視して脱毛できるので最短6ヶ月で完了

SHR脱毛では、毛周期も関係ありません。
従来の光脱毛では、光を照射しても成長期の毛にしか脱毛効果がなかったため、2ヶ月~3ヶ月という毛周期に合わせてサロンへ通う必要がありました。
脱毛サロンの場合、完了までに平均8~12回ほどかかるので、約3年間という期間が必要でした。
一方、SHR脱毛では、毛周期を無視しても効果があるため、月2回の施術が可能です。
よって、最短6ヶ月で脱毛が完了するという、エステ脱毛としては断トツなスピードが人気のヒミツとなっています。